Versara Cover

NewYork Blockchain project – VERSARA TRADE Tokyo Meetup powered by TEAMZ Inc.

Share on facebook
Facebook
Share on telegram
Telegram
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

 

Versara logo

VERSARA TRADE is blockchain project.
https://www.versara.trade
Versara is an innovative trade financing platform built on blockchain technology. Versara intends to improve on traditional factoring and asset-based lending (ABL) by using cryptocurrency as extra collateral (“Crypto Credit Enhancement”) in addition to invoices, diversifying risk through structuring, and making trade finance accessible to the retail investor.

TEAM introduction
Founder & CEO Sean Liu
Sean is a seasoned manager with more than a decade of experience in financial products, covering security finance, credit derivatives and other fixed-income instruments. Most recently, he was a Regional Manager in the UBS New York office where he led teams to roll out their cross-asset capital markets platform. Sean spent the vast majority of his career in FinTech at Murex, the top enterprise capital markets platform vendor that focuses on trading, risk, treasury, and post-trade operations. Sean led system implementation efforts to provide tailored solutions to banks and asset managers. Sean began his career as a software developer and worked in quantitative trading platform development in New York. Sean is a graduate of New Mexico State University and earned a Master’s of Science in Financial Mathematics and a Master’s of Engineering in Electrical Engineering. He earned his Bachelor’s Degree from Tsinghua University in China.

CTO Dan
Dan has years of experience providing professional consulting services to clients ranging from startups to global corporations. He specializes in bringing rigorous testing and elegant code to tough engineering challenges. He has deep expertise in many aspects of artificial intelligence, blockchain, machine learning, and automation.
Throughout his career, Dan has held a variety of titles from architect, to scrum master, to director of software engineering. He has been responsible for leading teams as well as redesigning critical business applications to improve scalability, testability, and maintainability. He holds a bachelor’s degree in economics from Duke and a master’s degree in computer science from Harvard

COO Dennis
Dennis Thankachan is an experienced investor across technology and telecommunications. Prior to Versara, Dennis was a research analyst at both PointStateCapital and Och-Ziff covering equities in the technology, media, and telecommunications sectors. Prior to this, Dennis was at Goldman Sachs advising companies in the Industrial sector. He has also worked at Naya Ventures and Apollo Management. Dennis has degrees in Computer Science and Finance from The University of Texas at Austin, and has been accepted into Stanford’s Graduate School of Business.

We are going to have deeply introduction, the process and the content of the project.

Why do you have to join?
・To find out how an infective company aimed a global success with using new technology.
・To learn the ambitious business model, the edge of technology, and the superiority of investment.

Interpretation(English/Japanese)

Agenda:
18:00~18:30 Reception
18:30~18:40 Opening remark
18:40~19:10 Projects presentation
19:10~19:30 Discussion & Q&A
19:30~21:00 Networking(Food & Drink)

Subscribe to our Newsletter

転載【年末特別企画】仮想通貨専門家50人が語る2018年の振り返り【コインテレグラフ独占】

仮想通貨にとって様々なことがあった2018年。そんな一年の総括として、コインテレグラフ日本版編集部は仮想通貨・ブロックチェーン関係の専門家50人に次の質問をした。 回答してくれたのは国内外仮想通貨取引所CEO、仮想通貨創業者・幹部(NEO、トロン、Vechain、NEM等)から業界団体関係者、投資家、トレーダーまで幅広い分野の著名人たちだ。 ◆2018年の仮想通貨 振り返り ◆2019年の仮想通貨 注目ポイント ◆2019年のビットコイン価格レンジ予想 ◆2019年のおすすめ仮想通貨 以下は「2018年は仮想通貨にとってどんな一年でしたか?仮想通貨の発展・普及にとってのマイルストーンはありましたか?一番心に残っていることは?」という問いに対する仮想通貨・ブロックチェーン専門家・業界関係者たちの答えだ。 Read more Related

Read More »

2019 良いお年を!

2018年はブロックチェーン業界にとって非常に困難な年でした。 この弱気市場の間、私たちが提案するのは、プロジェクトの技術構築にもっと焦点を合わせることです。 私たちのクライアントにシンプルで安全な、そして素早く使えるエクスペリエンスを提供することが、すべてのプラットフォームの中核テーマです。 2019年にTEAMZは以下のように焦点を当てます。 * 4月6日と7日に最大のブロックチェーンサミットを主催して、世界からのブロックチェーンキーパーソンたちが集まり、ブロックチェーンに関する最も新しいトピックについて話し合います。 TEAMZ Blockchain Summit Conference. April 6th Tokyo, Japan *日常生活からブロックチェーンエコシステムを構築するテーマシリーズイベントを運営します。 https://www.teamz.co.j * TEAMZの新しいチャンネル「ChainTalk」を開き、業界の主要人物によるブロックチェーンのトレンドに関する選択肢は何かを確認します。 Overview *世界市場からのワンストップサポートサービスを提供するためにTEAMZ

Read More »

ビザやマスターカードがSWIFTを見捨てる日…仮想通貨XRPのクジラがリップルの転換期について語る(Cointelegraph source)

今月はじめ、仮想通貨リップル(XRP)のクジラ(大口投資家)セス・リム氏が、コインテレグラフ・ジャパンのオフィスを訪れた。リム氏は、XRPに興味を持った経緯について話した他、XRPのさらなる飛躍に向けて大きな転換点となるのは「ビザカードやマスターカードがSWIFTからリップル社に乗り換える時だ」と語った。 リム氏は、XRPのいわゆるクジラ。正確な保有額は「ウォレットが特定されるため出せない」ものの、9桁のXRPを持っている。2011年、強固なセキュリティー面からビットコイン(BTC)に興味を持ち、その後、ライトニング(LTC)のマイニング業を経験。2013年、XRPが1セント以下の時代に、「非中央集権と中央集権のバランスのとれた」リップルに可能性を感じ、マイニング業で稼いだ資金を全て注ぎ込んだという。2013年、XRPがまだ知られておらずXRPを取り扱う取引所もない時、中国でリップルゲートウェイの運営に携わり、OTC(店頭)取引のような形でXRPの取引を促進していたという。 その後、インドネシアで仮想通貨交換所SoarExを立ち上げ、ソアコイン(SOAR)を発行。現在は、上海交通大学安泰経済与管理学院の最年少講師として、ブロックチェーンについて教えているという。「この業界でやれることはすべてやったよ」と自信を見せた。 Read more Related

Read More »

リクルート、NYのブロックファイに出資 —— 欧米で増える仮想通貨を担保にお金を貸すサービス(Business insider source)

リクルートホールディングスのコーポレート・ベンチャーキャピタル(CVC)が、仮想通貨を担保に法定通貨を貸し出すブロックファイ(BlockFi Inc.:本社ニューヨーク)に出資した。2011年から国内外のスタートアップへの投資を本格化させたリクルートのCVC。フォーカスする投資領域はAI(人工知能)、ブロックチェーン、IoT&ロボティクスだ。 リクルートは2018年12月11日、投資子会社の合同会社RSPファンド6号が、設立から1年ほどのブロックファイにマイノリティ出資を行ったと発表した。出資額は明らかにしていない。 ブロックファイは、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を保有する個人や企業に、仮想通貨を担保に法定通貨を貸し出すサービスを運営している。仮想通貨を担保にすることで本人確認などの審査プロセスをシンプルにし、申し込みから貸し付けまでの時間を短縮。比較的に低い利率での貸し付けを可能にするという。 Read more Related

Read More »