リクルート、NYのブロックファイに出資 —— 欧米で増える仮想通貨を担保にお金を貸すサービス(Business insider source)

リクルートホールディングスのコーポレート・ベンチャーキャピタル(CVC)が、仮想通貨を担保に法定通貨を貸し出すブロックファイ(BlockFi Inc.:本社ニューヨーク)に出資した。2011年から国内外のスタートアップへの投資を本格化させたリクルートのCVC。フォーカスする投資領域はAI(人工知能)、ブロックチェーン、IoT&ロボティクスだ。

リクルートは2018年12月11日、投資子会社の合同会社RSPファンド6号が、設立から1年ほどのブロックファイにマイノリティ出資を行ったと発表した。出資額は明らかにしていない。

ブロックファイは、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を保有する個人や企業に、仮想通貨を担保に法定通貨を貸し出すサービスを運営している。仮想通貨を担保にすることで本人確認などの審査プロセスをシンプルにし、申し込みから貸し付けまでの時間を短縮。比較的に低い利率での貸し付けを可能にするという。
Read more