ビザやマスターカードがSWIFTを見捨てる日…仮想通貨XRPのクジラがリップルの転換期について語る(Cointelegraph source)

今月はじめ、仮想通貨リップル(XRP)のクジラ(大口投資家)セス・リム氏が、コインテレグラフ・ジャパンのオフィスを訪れた。リム氏は、XRPに興味を持った経緯について話した他、XRPのさらなる飛躍に向けて大きな転換点となるのは「ビザカードやマスターカードがSWIFTからリップル社に乗り換える時だ」と語った。

リム氏は、XRPのいわゆるクジラ。正確な保有額は「ウォレットが特定されるため出せない」ものの、9桁のXRPを持っている。2011年、強固なセキュリティー面からビットコイン(BTC)に興味を持ち、その後、ライトニング(LTC)のマイニング業を経験。2013年、XRPが1セント以下の時代に、「非中央集権と中央集権のバランスのとれた」リップルに可能性を感じ、マイニング業で稼いだ資金を全て注ぎ込んだという。2013年、XRPがまだ知られておらずXRPを取り扱う取引所もない時、中国でリップルゲートウェイの運営に携わり、OTC(店頭)取引のような形でXRPの取引を促進していたという。

その後、インドネシアで仮想通貨交換所SoarExを立ち上げ、ソアコイン(SOAR)を発行。現在は、上海交通大学安泰経済与管理学院の最年少講師として、ブロックチェーンについて教えているという。「この業界でやれることはすべてやったよ」と自信を見せた。

Read more