2019 良いお年を!

Share on facebook
Facebook
Share on telegram
Telegram
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

2018年はブロックチェーン業界にとって非常に困難な年でした。 この弱気市場の間、私たちが提案するのは、プロジェクトの技術構築にもっと焦点を合わせることです。

私たちのクライアントにシンプルで安全な、そして素早く使えるエクスペリエンスを提供することが、すべてのプラットフォームの中核テーマです。

2019年にTEAMZは以下のように焦点を当てます。

* 4月6日と7日に最大のブロックチェーンサミットを主催して、世界からのブロックチェーンキーパーソンたちが集まり、ブロックチェーンに関する最も新しいトピックについて話し合います。

TEAMZ Blockchain Summit Conference. April 6th Tokyo, Japan

*日常生活からブロックチェーンエコシステムを構築するテーマシリーズイベントを運営します。

https://www.teamz.co.j

* TEAMZの新しいチャンネル「ChainTalk」を開き、業界の主要人物によるブロックチェーンのトレンドに関する選択肢は何かを確認します。

Overview

*世界市場からのワンストップサポートサービスを提供するためにTEAMZ strategy を引き続き各プロジェクトに提供します。

Overview

最後に、TEAMZは皆さんにすばらしい新年を祈ります。

素晴らしいブロックチェーンの未来を作るために、一緒に行動しましょう。

Subscribe to our Newsletter

転載【年末特別企画】仮想通貨専門家50人が語る2018年の振り返り【コインテレグラフ独占】

仮想通貨にとって様々なことがあった2018年。そんな一年の総括として、コインテレグラフ日本版編集部は仮想通貨・ブロックチェーン関係の専門家50人に次の質問をした。 回答してくれたのは国内外仮想通貨取引所CEO、仮想通貨創業者・幹部(NEO、トロン、Vechain、NEM等)から業界団体関係者、投資家、トレーダーまで幅広い分野の著名人たちだ。 ◆2018年の仮想通貨 振り返り ◆2019年の仮想通貨 注目ポイント ◆2019年のビットコイン価格レンジ予想 ◆2019年のおすすめ仮想通貨 以下は「2018年は仮想通貨にとってどんな一年でしたか?仮想通貨の発展・普及にとってのマイルストーンはありましたか?一番心に残っていることは?」という問いに対する仮想通貨・ブロックチェーン専門家・業界関係者たちの答えだ。 Read more Related

Read More »

2019 良いお年を!

2018年はブロックチェーン業界にとって非常に困難な年でした。 この弱気市場の間、私たちが提案するのは、プロジェクトの技術構築にもっと焦点を合わせることです。 私たちのクライアントにシンプルで安全な、そして素早く使えるエクスペリエンスを提供することが、すべてのプラットフォームの中核テーマです。 2019年にTEAMZは以下のように焦点を当てます。 * 4月6日と7日に最大のブロックチェーンサミットを主催して、世界からのブロックチェーンキーパーソンたちが集まり、ブロックチェーンに関する最も新しいトピックについて話し合います。 TEAMZ Blockchain Summit Conference. April 6th Tokyo, Japan *日常生活からブロックチェーンエコシステムを構築するテーマシリーズイベントを運営します。 https://www.teamz.co.j * TEAMZの新しいチャンネル「ChainTalk」を開き、業界の主要人物によるブロックチェーンのトレンドに関する選択肢は何かを確認します。 Overview *世界市場からのワンストップサポートサービスを提供するためにTEAMZ

Read More »

ビザやマスターカードがSWIFTを見捨てる日…仮想通貨XRPのクジラがリップルの転換期について語る(Cointelegraph source)

今月はじめ、仮想通貨リップル(XRP)のクジラ(大口投資家)セス・リム氏が、コインテレグラフ・ジャパンのオフィスを訪れた。リム氏は、XRPに興味を持った経緯について話した他、XRPのさらなる飛躍に向けて大きな転換点となるのは「ビザカードやマスターカードがSWIFTからリップル社に乗り換える時だ」と語った。 リム氏は、XRPのいわゆるクジラ。正確な保有額は「ウォレットが特定されるため出せない」ものの、9桁のXRPを持っている。2011年、強固なセキュリティー面からビットコイン(BTC)に興味を持ち、その後、ライトニング(LTC)のマイニング業を経験。2013年、XRPが1セント以下の時代に、「非中央集権と中央集権のバランスのとれた」リップルに可能性を感じ、マイニング業で稼いだ資金を全て注ぎ込んだという。2013年、XRPがまだ知られておらずXRPを取り扱う取引所もない時、中国でリップルゲートウェイの運営に携わり、OTC(店頭)取引のような形でXRPの取引を促進していたという。 その後、インドネシアで仮想通貨交換所SoarExを立ち上げ、ソアコイン(SOAR)を発行。現在は、上海交通大学安泰経済与管理学院の最年少講師として、ブロックチェーンについて教えているという。「この業界でやれることはすべてやったよ」と自信を見せた。 Read more Related

Read More »

リクルート、NYのブロックファイに出資 —— 欧米で増える仮想通貨を担保にお金を貸すサービス(Business insider source)

リクルートホールディングスのコーポレート・ベンチャーキャピタル(CVC)が、仮想通貨を担保に法定通貨を貸し出すブロックファイ(BlockFi Inc.:本社ニューヨーク)に出資した。2011年から国内外のスタートアップへの投資を本格化させたリクルートのCVC。フォーカスする投資領域はAI(人工知能)、ブロックチェーン、IoT&ロボティクスだ。 リクルートは2018年12月11日、投資子会社の合同会社RSPファンド6号が、設立から1年ほどのブロックファイにマイノリティ出資を行ったと発表した。出資額は明らかにしていない。 ブロックファイは、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を保有する個人や企業に、仮想通貨を担保に法定通貨を貸し出すサービスを運営している。仮想通貨を担保にすることで本人確認などの審査プロセスをシンプルにし、申し込みから貸し付けまでの時間を短縮。比較的に低い利率での貸し付けを可能にするという。 Read more Related

Read More »